リンス・コンディショナー・パック・トリートメントの違い

『リンス』『コンディショナー』『パック』『トリートメント』の使い分け

毎日のシャンプー。
 それによって髪にダメージが起こるって知っていますか?
 毎日使うものだから、シャンプーは髪や頭皮に良いものを使いましょう。

 

 でも、数あるシャンプーやトリートメントの中から1番いいものを選ぶのって難しい。
 それに、【リンス】、【コンディショナー】、【パック】、【トリートメント】
 色々出ているけど、一体何を選んでいいのか分からない〜!

 

 そんなことはありませんか?
 そこで今回は【リンス】、【コンディショナー】、【パック】、【トリートメント】の違いを徹底解剖。
 その秘密に迫ります

 

■そもそもリンスって何?

 シャンプーの後につけるリンス。
 でもどんな効果があるか知っていますか?

 

 一般的に、リンスは髪の表面を油分でカバーし、シャンプーの後の髪のきしみを防ぎます。
 手触りを良くし、髪の水分の蒸発を押さえることができるんです!!
 けれど、毛髪の内部には作用せず、あくまでも髪の毛の表面だけに効果があります。

 

■じゃあコンディショナーってどんな成分なの??

 

 コンディショナーって何なのでしょうか?
 実はほとんどリンスと一緒です。
 リンスと言う言葉が昔風だとすると、それを現代的に言い換えたのがコンディショナー。

 

 但し、リンスよりも髪のコンディションを整える成分が高いという特徴があります。
 リンスに比べて、洗い上がりの髪にしなやかさとコシを与えてくれるのがコンディショナーです。
注意して欲しいのは、リンスと同じで、髪の表面にしか作用しないということ。

 

■トリートメントはどう違うの??

 

前述したリンスとコンディショナーは髪の表面に作用する成分です。
 しかし、トリートメントは毛髪の内部にまで栄養素を補給することができるメリットがあります。

 

 なので、髪の毛のダメージが気になる方は、リンスやコンディショナーではなく、
 トリートメントを使うことがGood!!
 近年は洗い流さないトリートメントも注目され、多くの女性の指示を得ています

 

■最後、ヘアパックって何?

 

 

 ヘアパックとはトリートメントをより進化させたものと考えましょう。
 トリートメント以上に、髪の修復成分を配合し、効果を期待することができます。
 ですから、頻繁にパーマ、ブリーチを繰り返し、傷んだ髪の毛に有効です。

 

 様々な種類のパックがあり、クリーム状のもの、オイル状のもの、自分にあったものを使いましょう!

 

■まとめ

 

 今回は【リンス】、【コンディショナー】、【パック】、【トリートメント】の使い分けを見てきました。
 それぞれに特徴があり、ご自身の髪の毛の状態により使い分けましょう。
 是非、今回の記事を参考にしてみてください!!