ファンヒーター故障 洗い流さないトリートメント

ファンヒーターとシリコン入り洗い流さないトリートメントにどんな関係が?

ファンヒーターの故障の原因のひとつにシリコン入り洗い流さないトリートメントにあるって知っていましたか?
私はシリコンによって誤作動で停止する、そんな作用があるなど全く知りませんでした。

 

 

先日突然ファンヒーターが、E-2表示され止まりました。
ん?昨年末に買ったばかりで賞味4ヶ月ほどしか使っていないのに・・・
電源入れ直したりしてみましたが・・E-2が表示されてしまいます。
取説を出して、メーカーに修理依頼の電話をしました

 

 

昨年買ったファンヒーターなんですけど4ヶ月ほどしか使用してないのに突然止まりました
E-2って表示がでてます。
3年保証書もあります。


 

こちらから修理サービスがご自宅に伺い、見させていただきます。保証期間3年なんですが、保証対象外の例がひとつあります。
それはお客様お使いの例えばシリコンが入ったヘアケア商品・化粧品などが原因での場合は有償修理となりますのでご了承ください。
詳しいことはサービスの者がご説明します。


 

ファンヒーター,故障,シリコン,洗い流さないトリートメント

買ったばかりなのに??
保証書あるのに?
自然に壊れたのに?
古い灯油は処分して掃除して保管してたのに?

 

ちょっと解せない気分でしたが、寒いのは耐えられません。

 

修理の人がやってきました。

 

 

 

あ〜やっぱりシリコンで真っ白ですね。
説明しますと・・
シリコン含有製品からシリコンがヒーター本体に吸い込まれると、炎検知するセンサー(フレームロッド)周辺に白くなってこびりつくと誤作動を起こし途中消火されるんです。
不完全燃焼と判断して消火し、電源OFFにするんです。。
やっかいなのはシリコンが飛散してても見えないので気づきません。
内部で化学反応起こしすのですね。
素人判断では難しいです。
フレームロッド方式は安全面を考えると法令上現在のところ変えられないしくみなんですよ。


 

洗い流さないトリートメントとか何を使ってますか?
シリコンが原因の場合が多いんですよ、最近。
僕が修理してる半分以上はヘアケア商品の成分が原因ですね。
最近一番多いのが洗い流さないトリートメントをつけて部屋で乾かしてる人とかが多いのです。
注意すべき点としては
ファンヒーターを使用してる部屋では同時に髪を乾かさないのがおすすめですが、、ナノレベルなので、シリコン粒子を吸い込んでしまい絶対とは言えないです。
修理してもシリコン付着した部品をお掃除したり交換したりしても繰り返す可能性が高いです。

 


 

修理としては分解してフレームロッドのシリコン除去掃除・ポンプ交換とシリコン被害の説明をしていただきました。

 

費用は 8000円

 

私はその問題が起きてから、成分表をチェックして買うようになりました。

 

エアコン・ストーブ・セラミックオイルヒーターなどに変えるという選択もありますが・・・お金もかかります。
ファンヒーターも何度も修理は面倒でコスト面も割に合わないし
ノンシリコンに変える方が簡単と言えます。

 

リシリッチはノンシリコンの洗い流さないトリートメントです。
仕上がりも綺麗です。

 

ファンヒーター問題も気にせず使える
↓↓↓

 

 

リシリッチ【洗い流さないトリートメント】無添加ノンシリコーン/サスティ